権利擁護支援者養成研修の講座

芦屋市からの依頼で権利擁護支援者養成研修の講座を担当しました。
「任意後見制度について」というタイトルで講座を行いました。

この講座は、様々な専門家の方が担当分野ごとに1コマを担当するのですが、受講者の方も皆様熱心に聞いていただき、好評をいただきました。
以下のような、感想もいただくことができました。

・後見制度のあらまし、全体像、比較、任意後見制度の実際の流れと事例について、非常にわかりやすく図表にまとめられていて、理解を深めることができました。ありがとうございました。
・ご本人の判断能力があるかないかの判定は難しいと思います。専門医が増えてほしいと思います。
・任意後見制度の方がハードルが低く、身内に早いうちから紹介したいと思いました。
・任意後見独自のメリットと法定後見との違いを、明確に示していてわかりやすかった。法定後見の基礎的説明もキーワードと図であらわされていて理解しやすかった。
・任意後見制度の流れが、よりよく理解できました。
・任意後見制度があることを初めて知りました。なるほど。
・とてもわかりやすい講義、ありがとうございました。
・法的支援である成年後見制度と、生活支援や金銭管理との関係性が具体的によくわかりました。
・任意後見は必要だと思いますが、本人がその気持ちになるのはなかなか難しく、家族が勧めるのも難しいです。これからは、広く認知される方法を考えなければならないと思います。
・任意後見と法定後見の違いをわかりよく理解することができました。
・任意後見制度と法定後見制度があることを知りました。自分の老後をどうするか、今から考えておきたい。

芦屋家族信託・相続サポートセンターでは相続に関する講演、セミナーもご依頼に応じて開催しております。
講演、セミナーに関するお問合わせ、ご依頼はお気軽にお問合わせ下さい。
問合わせフォームはこちら