神戸市東灘区、芦屋市で相続、家族信託に関するお悩み、ご相談なら芦屋家族信託・相続サポートセンターにお任せ下さい。大阪 神戸 西宮 尼崎

見守り契約

見守り契約とは

「見守り契約」とは、任意後見制度が始まるまでの間、支援する人が本人と定期的に連絡をとりあったりする契約です。
定期的に連絡を取り合うため、本人の体調等の変化、悩み事などの相談を行う事ができ、支援する側も本人の判断能力の有無などを確認する事ができます。
見守り契約は任意後見契約と異なり、すぐに開始する事ができます。

■任意後見との関係

任意後見制度とは
「本人の判断能力がまだしっかりしている状態」で、
「判断能力が亡くなった後の対策」についての契約をしておく事です。
しかし、判断能力が無くなったかどうかを知る為には定期的に連絡を取る必要性があります。
任意後見制度の詳細はこちら

■見守り契約の方法

契約書を作成する事が必要です。
見守り契約は支援者(見守りを行ってくれる人)と本人の間で契約を結ぶ事で成立します。
例として、
1)月に2回の電話連絡と、2か月に1回の訪問とする。
2)面談の時間は1時間程度。
3)本人の要望により随時訪問する。

見守り契約は任意後見契約の前提として、本人の状態を把握でき、支援者と本人との間の信頼関係の構築が築けます。

お問合せ、ご相談について

芦屋市で見守り契約の事でご不明な点やご相談がございましたら、
お電話又はお問い合わせフォームから、芦屋相続サポートセンターへお気軽にご連絡下さい。
芦屋相続サポートセンターは相続に関するお問合せすべてに親切、丁寧にお答え致します。
(西宮市、神戸市、宝塚市、尼崎市、伊丹市など近隣地域での見守り契約のご相談も対応致します)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-76-3788 受付時間 9:00 - 19:00(土日対応可能)

PAGETOP