神戸市東灘区、芦屋市で相続、家族信託に関するお悩み、ご相談なら芦屋家族信託・相続サポートセンターにお任せ下さい。大阪 神戸 西宮 尼崎

遺言Q&A

Q-1 遺言書の内容は一度書いたら書き直すことは出来ませんか?

A
実は、いつでも何回でも書き直せます。定期的に、棚卸しをして見直すことも重要です。
後回しにするよりも、暫定であっても書くことも大事です。

Q-2 自筆証書遺言を作る注意点は?

A
遺言者が、遺言書の全文・日付及び氏名を自書しこれに押印します。
日付で○月吉日では、遺言が、無効になります。押印は実印でしましょう。
遺言書は封筒に入れて封印しましょう。
自筆証書遺言は、遺言者が亡くなった後、家庭裁判所に申し出て「検認」の手続きをうけなければなりません。

Q-3 公正証書遺言を作成するメリットは?

A
公証人による形式面のチェックが行なわれるため無効になることは、ほとんどないという点です。
原本は、公証役場で保管されるため自筆証書のように偽造や変造の恐れがない。相続発生後、検認手続き無しにすぐに遺言の執行が可能です。

Q-4 遺言は誰でも作成できるのでしょうか?

A
遺言作成能力というものが必要で、民法は満15歳以上の者が遺言をすることができると規定しています。
基本的には、認知症になってしまうと作成することが出来ません。

Q-5 遺言書が見つかったらどのような手続きが必要でしょうか?

A
自筆証書遺言の場合、遅滞なく家庭裁判所にその遺言書を持って行き、検認の申立をしなければなりません。
他の相続人に対して遺言の存在と内容を知らせると同時に、遺言書の偽造・変造を防ぎ保存を確実にするためです。

Q-6 遺言の保管はどうしたらいいでしょうか?

A
通常は、遺言の内容を実現する遺言執行者に託すことが多いです。
遺言が発見されなかったり、書き換えられてしまったりすると意味がないため、信頼できる方の存在が不可欠です。

Q-7 体が不自由なため公証役場までいくことが出来ません。

A
公証人に自宅や施設まで出張してもらうことも可能です。


遺言のお問合せ、ご相談について

芦屋市で遺言書作成の事でご不明な点やご相談がございましたら、
お電話又はお問い合わせフォームから、芦屋相続サポートセンターへお気軽にご連絡下さい。
芦屋相続サポートセンターは相続に関するお問合せすべてに親切、丁寧にお答え致します。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-76-3788 受付時間 9:00 - 19:00(土日対応可能)

PAGETOP